2014/08/03
データいろいろ
 >  Word 2007 でラベル付き矢印(2)
昨日の続き。「数式」入力で無理を承知で、可逆反応式のように両側矢印+上下添字を何とか作る例。自分の実行環境は 2014/07/28 を参照。この「行形式」入力でなく、前からある「数式エディタ」を使った例は ↓ にある(ただし詳細な手順は不明)。

■ 教えて goo : ワードで不可逆化学反応式を
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/4877458.html

↓ が経過を含めたテンプレート。昨日使った \above と \below に加え、方程式などを上下に並べる \eqarray を使った。矢印の添字の前後にスペースを入れて矢印を横に伸ばすのは昨日と同じ。大変なのは矢印・添字の上下位置の調整。

http://kenpg.up.seesaa.net/image/20140803_sample_1.docx


↓ 数式入力の中でも、一部を選んでフォントダイアログを出して(Alt+O → F)上下位置を調整できる。上の矢印は下方向へ、下の矢印は上方向へずらして両側矢印ぽい体裁にする。ただし添字も一緒にずれてしまうので、矢印の移動後に添字だけ選んで「標準」の位置に戻す。


↓ 左が矢印と添字とも選択した状態。右が添字だけ選択。この選択操作がなかなか面倒。矢印だけの選択はできない。添字という付属物を付けたので当然。


↓ 最初の手順だけ動画にした。スペース挿入や位置調整はまだるっこしいので省略。

http://kenpg.up.seesaa.net/image/20140803_sample.flv

<< バックアップコマンドを SQL で作成
Word 2007 でラベル付き矢印(1) >>
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。