2014/09/13
R
 >  例のメッセージなしで Rgui を起動
起動時にいつも出る ↓ が鬱陶しいです。数行ならいいですが。


コマンドラインで "C:\R\2.15.3\bin\i386\Rgui.exe" --help と打つと ↓ のとおり起動オプションが出ますが、メッセージ非表示はないので諦めてました。


ダイアログ末尾の --no-sInformation がそれかなと思って試すと ↓ 何か怒られます。


ところが、何気に -q を付けたら ↓ メッセージ非表示で起動して逆に驚きました。--help に出ないオプションがあるとは。




ついでに、これは --help に書いてありますが --no-save を付けて起動すると、q() で終了させる時に出る「作業スペースを保存しますか」という質問 ↓ が出なくなります。


またショートカットに「作業フォルダ」を指定すると、起動した R の作業フォルダすなわち getwd() で返ってくるフォルダもそこになります。

以上、Windows 以外ではどうか分かりませんが Rgui の細かい話でした。
<< 指数表記で 3.00e+08 とかする方法
列なしテーブルの使いみち >>
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。